横浜市保土ヶ谷区の相続手続きなら司法書士・行政書士の水澤綜合法務事務所へ。

横浜市保土ヶ谷区の相続手続きなら司法書士・行政書士の水澤綜合法務事務所へ。

相続とは

 人が死亡すると、相続が発生します。死亡した人のことを「被相続人」といい、被相続人の財産(プラスもマイナスも)が親族等に移転します。

 移転先は、被相続人が遺言を書いていればそれに従い、遺言がなければ民法に則り親族に移転します。民法に則り親族に移転する場合は、その親族を「相続人」といいます。

 相続人になる親族ですが、配偶者は必ず相続人になります。同じく子供も必ず相続人です。そして子供(もしくは孫)がいない場合には、父母(もしくは祖父母)が相続人に、それもいなければ兄弟姉妹(もしくはその子供)が相続人になります。

 相続人が数人いる場合は、その相続分(民法に規定があります)に従い、被相続人の財産は相続人の共有となります。共有とは1つの財産を数人で持ち合うことです。もしも共有状態を解消し、誰かの単独所有にしたいなら、相続人全員による遺産分割協議が必要です。